関西の旅 ~ガラスの茶室・京都編~ 青蓮院飛び地境内 将軍塚青龍殿

今回の関西旅のきっかけのひとつは、これでした。

夏に佐賀県立美術館での「吉岡徳人展 トルネード」を見てから、ぜひこの茶室を見てみたい!と思っていました。

image1

青蓮院飛び地境内将軍塚青龍殿の大舞台に、その茶室はありました。

image4
image3

ものとしての存在感はすごくあるのに、目で見える感覚の存在感はあまりない。茶釜だけが、気配を消せない感じです。

image5

ガラスのベンチにも座ることができました。おしりがヒンヤリして気持ちよかったです。

image6

秋晴れのきれいな空と「ガラスの茶室」もよかったのですが、雨に濡れる「ガラスの茶室」を見てみたいとつくづく思いました。もっともっと、存在感がなくなるのかな…


おまけ
image7将軍塚

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す