平成30年度米の食味ランキング特A「雪若丸」を食べてみました

先日、平成30年度産お米の食味ランキングが発表されました。

普段はほとんど玄米を食べている私ですが、山形産雪若丸の新米をいただいたのでお正月に食べてみました。

粒は硬すぎず柔らかすぎず、もっちりしていて甘みがあり、好みにぴったりだったので2kgをすぐ食べきってしまいました。雪若丸は平成30年に本格デビュー、私はいただいて初めて知ったのですがお米好きの間では話題の品種のようです。
すっかりにわか雪若丸ファンになった私は平成30年度産のランキングが公表されたと聞いて調べてみました。雪若丸は最高ランクの特Aでした🎉🎉🎉

米の食味ランキングとは、

米の食味ランキングは、炊飯した白飯を試食して評価する食味官能試験に基づき、昭和46年産米から毎年全国規模の産地品種について実施しています。食味試験のランクは、複数産地のコシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行い、この結果を毎年食味ランキングとして取りまとめ、発表しています。–日本穀物検定協会ホームページより

日本穀物検定協会、平成30年度産お米の食味ランキング

全農山形、雪若丸

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す