「映画を100倍楽しく見ることができる特別講義vol.3」〜〜Special Effects Make-up Artist AKIHITO〜〜#2

少し時間があいてしまいましたが、講演の続き、特殊メイク編を。

事前に時間をかけて公演の下準備をしてからの、モデルさん登場です。

作りものの皮膚をモデルさんの顔に貼り付けていきます。もちろん、この皮膚もAKIHITO氏が作っています。今回の皮膚は、このような公演をするためにつくっていたもので、こちらのモデルさんに合わせてつくったものではないそうです。
映画のお仕事のときなんかは、ちゃんと俳優さんの顔の型をとって、それに合わせて、その人にぴったりの皮膚を作ります。

お化粧をするように筆で色をのせていきます。

 

そして登場したのが、エアブラシ。メーカー名言ってくれてましたが、私には、縁のないエアブラシのことなので、すっかり忘れました。

そのエアブラシで細い血管をかいていきます。

こんな感じになります。

う〜ん、おどろおどろしくなってきました。そしてツノをつけて、モヒカンヘアもつけて、メークは完成。

メークだけでなく、衣装も自分で探したそうです。ヘアセットもして、爪のアクセサリーもつけて、全体の完成です。

ほんと、こういうメークを間近で見たのは初めてでしたし、ハリウッドで活躍している人を身近に感じることができたのも、初めてのことです。貴重な体験でした。すごく楽しかったですし!

 

でも、そんなAKIHITO氏、実は高校の同級生だったのです。知らなかった。平凡なあの田舎から、世界で活躍してる人がいたなんて。自分の力で。諦めない強い思いで。

なんだか勇気が出そうで、元気になれました。まだまだいろんなこと、やりますよ!

 

楽しくて貴重な時間をありがとうございました!

 

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す